RPA|コラム

【Q&A】SF-ロボット社員サービス

Q.RPAとはなんですか?
A.RPA(Robotic Process Automation)とは、『ロボットによる業務自動化』の取り組みを指す言葉です。
人間がPCの画面上で行う操作を、事前に設定したルールに基づいて自動的に再現する仕組みです。
インターネット上のブラウザの操作、EXCEL操作、フォルダ・ファイル操作、社内で利用する業務システムの操作などを自動化することができます。

Q.「SF-ロボット社員サービス」とはなんですか?
A.弊社がご提供する、人材業界特化クラウド型RPAソリューションです。
その名の通り『人材業界(人材紹介・人材派遣)』に特化してご提供しています。
 ▼詳しくはこちら 「SF-ロボット社員サービス」
 https://www.standardfactory.jp/sf-app/rpa/


Q.どのような業務をロボット化できますか?

A.インターネットやWindows上の単純操作であればロボット化することが可能です。
人材業界(人材紹介・人材派遣・再就職支援業界)に特化し、豊富な実績がありますので、ロボット化できそうな業務についてご提案させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。


Q.動作する画面を見ることはできますか?

A.弊社のサービスはクラウド型のため、お客様に画面公開はしておりません。


Q.サーバやPCの準備は必要ですか?

A.弊社のサービスはクラウド型のため、お客様側でサーバやPCの準備は不要です。
月額利用料にサーバ保守・運用・監視コストが含まれております。


Q.ロボットは何台契約すればよいですか?

A.1台のロボットは、操作を24時間365日行うことができます。
ただし、1台のロボットで同時に2つ以上の処理を行うことはできません。
同時に2つ以上の処理を行うことをご希望される場合は、複数台のロボットの契約をお願いします。

(例)

○15時にサイトAにアクセスしデータを取得し、17時にサイトBにアクセスしデータを取得することはできます。
×15時にサイトAとサイトBに同時にアクセスし、データを取得することはできません。
 (※2台のロボットを契約いただければ同時刻にアクセスし、データ取得可能です。)
ロボットは何台でも契約することができるため、ロボットの業務範囲を拡大することは容易です。


Q.ロボット稼働後に追加でロボットの操作範囲を増やすことは可能ですか?

A.可能です。
初期導入時は一部の業務をロボット化し、順次、ロボットの業務範囲を拡大していくことが可能です。
ロボットの操作を増やす場合は、操作内容により別途お見積りとスケジューリングをさせていただいております。


Q.インターネットのサイトのバージョンアップによりロボットが動かなくなることはありますか?

A.インターネットのサイトのバージョンアップにより、サイトのレイアウトやページ遷移方法が変わった場合、ロボットは正常に稼働できなくなる(初期に覚えさせた操作で稼働しない)可能性があります。

その場合、再度、操作の設定が必要になりますので、変更内容により、別途お見積りとスケジューリングをさせていただいております。
弊社では、ロボットが正常に稼働できなくなった場合を想定した代替手段のご提案もしておりますので、稼働しなくなった期間については、別の方法にて対応いただきます。




人気記事

5分でわかる【人材業界】
RPA活用ノウハウ資料