Blog
ブログ

<1月・2月追加開催>「RPAスカウト自動化セミナー」人材紹介業界 経営者様向け

【1月・2月追加開催!】



■セミナー内容

人材紹介業界に溢れるPCを使ったルーチン業務...

28.RPA導入前に知っておくべき稼働後のリスク1「ロボットが止まる」

RPAは、PCでの繰り返し作業を含む「定型業務」を軽減する非常に有効なツールですが、「導入すること」が目的ではなく、ロボットをしっかり稼働させ、ビジネス上の数字に貢献できるよう運用することが重要です。

RPAの運用方法は「設定や運用を誰が行うのか」で大きく2つのパターンに分かれます。
1.自社設定型 → 自社内でRPAツールの設定・運用を行う。
2.アウトソーシング型 → 外部の担当者が設定・運用を行う。

「1.自社設定型」の場合、社内にシステムの専門知識がある担当者がいて、RPAの運用もサポートする事がベストです。
何故なら、ロボットは

【導入事例】株式会社フルクラム様「担当者の退職を機にRPAを採用。スカウト業務の自動化で成約数が6倍に!」

 


株式会社フルクラム
https://www.fulcrum5.co.jp
代表取締役 木村 知之様

お取引先企業様とのご縁を大切に、丁寧なお付き合いを

社員インタビュー:モノづくり好きなエンジニアがスタンダードファクトリーを選んだ理由

こんにちは。人事の齋藤です。今回は、久しぶりに社員インタビューの投稿です!今回はITコンサルタントの櫻井 景祐さんです。「なぜスタンダードファクトリーを選んだのか」その思いを聞いてみました。

_______________________________________

① まず前職は何をしていましたか?

鉄鋼関係の工場で製造の仕事をしていました。製造の仕事を始めたのは、元々ものづくりが...

【導入事例】株式会社ニュースター様「スカウトメール配信業務をRPA化!面談数300%と大幅伸長」

株式会社ニュースター

【導入事例】株式会社アスカ様「”希望の通勤時間内にある求人”を的確に提案し、採用率150%アップ!」

 

株式会社アスカ

勤務地を軸に「通勤圏内の求職者」の検索が可能「SF-地図マッチングサービス」

「看護師」「薬剤師」「保育士」「介護士」などの職種の方は、ワーク・ライフ・バランスの観点から「通勤時間」を重視される傾向があるようです。
人材会社には「求職者の希望する通勤時間圏内」の求人を紹介する事が求められ、条件にあった求人をどれだけ提案できるかが採用実績を左右します。

そのため、「勤務地から通勤時間〇分以内」といった「通勤圏内に住む求職者」に求人を提案することで、「確度の高い採用活動」につながります。 

しかし「正確な通勤時間」は、移動手段である「電車」「車」「徒歩」等を組み合わせないと算出できないため、どの求職者が「通勤圏内」なのかを把握するのは意外と難しいものです。

▼「通勤時間検索」でよくあるお困りごと
・土地勘のない担当者だとマッチン...

【導入事例】ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス株式会社様「人材紹介事業の業務改革の一環でRPAを導入!スモールスタートで徐々に業務を拡大」

 

ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス株式会社

27.人材業界の定型業務はRPAでこんなに変わる(転職勧奨禁止2年の管理)

「職業紹介事業者が、紹介した求職者が早期に離職することのないよう遵守するべき事項」として下記が定められてします。

自らの紹介により就職した者(無期雇用契約に限ります。)に対して、就職した日から2年間は、転職の勧奨を行ってはなりません。

また、求人・求職管理簿、事業報告への記載事項として「転職勧奨が禁止される期間(採用年月日から2年間)」が定められています。
(参考 : 厚生労働省

26.人材業界の定型業務はRPAでこんなに変わる(アラート通知)

人材会社の業務は多岐に及び、登録者のフォローや、求人企業のフォロー、さらには社内業務など日々管理すべき事が多数あります。

各担当者が、業務スケジュールを十分に把握し、しかるべきタイミングでアクションを起こすのがベストですが、個人の裁量に任せるだけでは取りこぼしが発生する場合もあります。
とはいえ、管理する側のマネージャーやリーダーが、メンバー全員のスケジュールやアクションプランをすべて把握し、業務の遂行を促すのも現実的ではありません。