Blog
ブログ

1.RPA市場規模の動向 ~3年後には約10倍規模へと成長予測~

先日、株式会社アイ・ティ・アールが、国内のRPA(Robotic Process Automation)市場規模の推移と
今後の予測を発表しました。(図1) 


図1:「ITR Market View:RPA/OCR/BPM市場2018」
引用元  <https://www.itr.co.jp/company/press/181025PR.html>

これによると、2017年度の市場規模は「35億円」と、前年度比「約4.4倍」で急速に伸びています。 
そして2018年度の予測は、前年度比「2.5倍」の「88億円」で、 
今後もマーケット規模が大きく拡大していくであろうことを示しています。 

その背景として「労働人口の減少」や「高齢化」、「働き方改革に対する関心の高まり」や
「業務のコスト削減や均一化」が挙げられ、さらに「RPAツールを取り扱うSI企業の数が増加し
販路が拡大した」ことも 、成長を後押しする要因となったとITRは分析しています。
また、RPA市場規模は、3年後の2021年度には、2017年度の約10倍の330億円規模まで拡大すると予測しています。 


2018年9月からスタートした、弊社の人材業界特化クラウド型RPAソリューション「SF-ロボット社員サービス」
へのお問い合わせも増えてきています。 


単純作業はロボットに任せて、人間は「より生産性の高い業務」にシフトするのが、
当たり前の世の中になっていきそうです。 

ますます、RPA市場から目が離せない状況になってきましたね。


<関連記事>
1.RPA市場規模の動向 ~3年後には約10倍規模へと成長予測~
2.RPAとは ~1/5減少する労働力をカバーするための解決策とは~
3.RPAでできること ~「PCで完結」する「ルール化可能」な業務は自動化できる~
4.RPAの導入メリット
5.RPAを『人材業界(人材紹介・人材派遣)特化』でご提供する理由
6.RPAを『完全アウトソーシング型クラウドサービス』でご提供する理由
7.人材業界の定型業務はRPAでこんなに変わる(求人情報検索編)
8.人材業界の定型業務はRPAでこんなに変わる(求人媒体への情報掲載編)
9.「働き方改革元年」- 労働生産性を向上させる手段としてのRPA


<導入事例>
株式会社リクルートエグゼクティブエージェント様
株式会社CBキャリア様
株式会社MS-Japan様