RPA|コラム

【スカウト自動化】新規求職者へ即アプローチ!

人材紹介会社では、いかに「登録者数を確保するか」が重要な経営課題です。そのための一般的な手段の一つが、「スカウトメール」になります。 今回は、そんなスカウトメールの必勝法についてご紹介します。  

 

 

1.スカウトメールの成功の秘訣は先手必勝

 

スカウトメールの成功の秘訣は先手必勝です。理由は以下の通りです。

●新規の求職者はもらっているスカウト数が少ないため、メールの開封率が上がる
転職意欲が高いため、返信後も連絡が来なくなりにくいと言われている

 

このような新規の求職者には、大量のメールが送られてくる前に「できるだけ早く」 「的確に」打つことが必勝法です。

 

 

2.人でやっている会社も!?

 

ある会社では、このようなタイムリーなスカウトメールの送信を人で行っています。

複数名のスカウト担当者がスタンバイして媒体を見張り、新着の求職者が入ってきた瞬間にスカウトを打つ。人のコストをかけるだけ成果の出る内容です。

 

 

3.コストをかけずに成果を出すには?

 

とはいえ、新規求職者がいないか随時チェックするのは非効率的ですし、他の業務もあるので常にスタンバイするのは難しいですよね。

 

 

実は、ほぼ同じことがRPAでできます!

 

RPAなら、定期的に新着求職者をチェックしてメールを送信できます。

登録したばかりの転職意欲が高い求職者にリアルタイムでメールを打つことで、登録者の増加に繋がります。また、媒体を見張る必要がないため、人にしかできない業務に時間を割くことができます。

 

 

オンラインセミナーではこちらの内容をより詳細にご紹介しています。

少しでもご興味があれば、お気軽にお申込み下さい!

 

5分でわかる【人材業界】
RPA活用ノウハウ資料