RPA|コラム

人材業界の定型業務はRPAでこんなに変わる(自動マッチングメール配信編)

人材会社の基幹システムには、日々、新たに開拓してきた求人情報が登録されます。

この新着求人情報と、基幹システム内の登録者情報をマッチングさせ、ヒットした登録者にJOB打診を行います。

新着求人情報が登録されたら、速やかにマッチングを行い、タイムリーにJOB打診することが必要ですが、実際には対応が遅れてしまったり、マッチング漏れが発生したり、適切な対応ができない場合もあるかと思います。

しかし、せっかく開拓した求人情報を、対象となる登録者の元にタイムリーに届けられなければ、機会損失につながってしまいます。


RPAを活用すれば、求人ごとに「職種」や「エリア」などあらかじめ設定した条件を登録者とマッチングさせ、ヒットした登録者に対して、JOB打診メールを自動で配信することが可能です。
開拓してきた新着求人をもれなく登録者にデリバリーすることができるようになります。

ただし、ここで重要になってくるのは、基幹システム内のデータが抜け漏れなく適切に管理されていることです。
データに不備があれば適切なマッチングができないため、機能しなくなってしまいます。

この機能を利用する場合は、データの登録ルールをあらかじめ社内で確認していただき、誰がデータを登録しても適切なマッチングが機能するよう、環境を整備する必要があります。

弊社の人材業界特化クラウド型RPAソリューション「SF-ロボット社員サービス」は『人材業界(人材紹介・人材派遣)』に特化してご提供しています。
人材業界で定型業務の自動化をご検討なら、ぜひノウハウと経験が豊富な弊社にご相談ください。

●まとめ:「マッチングメール配信」RPAでこんなに変わる

RPA導入前

●新規求人情報が基幹システムに登録されても、登録者にタイムリーにJOB打診メールが配信できない
●せっかく開拓した求人のフォロー漏れが発生する場合もある
ロボット社員なら!
新規求人情報が基幹システムに登録されたら、自動でマッチングしタイムリーにJOB打診メールを配信
効果あり!
●タイミングを逃さず、求人情報の鮮度が高いうちに対象者に情報をデリバリーできる
●新規求人のフォロー漏れがなくなる




5分でわかる【人材業界】
RPA活用ノウハウ資料