RPA|コラム

【人材紹介会社向け】AIとRPAはココが違う

 最近注目のAIとRPA 

「RPAを活用して、定型業務を自動化。残業時間の大幅削減に成功。」

「AIでデータ分析を行い、需要予測。戦略や計画の立案を行う。」 

 

上記のような事例を一度は見聞きしたこともあるのではないでしょうか。 

それだけ、AIやRPAが話題になっています。人材紹介会社の方のなかには、自社の業務にRPAやAIを利用できないかと考えている方もいらっしゃるでしょう。 

この記事では、AIとRPAの違いは何なのか、そして特にRPAについて人材会社でどのような活用方法があるのかご紹介します。 

 

なぜAIやRPAが注目? 

 

そもそもなぜAIやRPAが注目されるようになったのでしょうか。 

RPAは比較的簡単に、幅広い業務に対して自動化を実現できます。 

働き方改革や労働力不足により、今まで以上に業務効率化が求められるようになりました。そのため、人に代わって定型業務を行うRPAが注目されているのです。 

 

AIが注目されるようになったのは、近年データ予測など利用の幅が大きく広がったことが大きな要因です。 

具体的には、ビッグデータと呼ばれる膨大なデータが利用できるようになったこと、そして深層学習という技術で、より複雑な処理ができるようになったことなどが挙げられます。 

 

RPAとは? 

RPAは処理を自動的に実行するための仕組みです。

実行をすることに重きを置いており、事前に決められたルール通りに動きます。 

 

RPAは事前に決めたルール通りに動くと説明しました。これがどういうことかというと、単純な例では以下のファイルの操作が当てはまります。 

Aという名前のエクセルファイルを開き、B列のセルにある情報を読み取る 

↓ 

その内容を、Zという名前のエクセルファイルのY列に情報を入力する 

 

このようにルールがしっかり決まっていれば、RPAが自動で作業を行うことができます。 

一方、ルールが明確に決まっていない場合はRPAを活用することができません。 

 

AIとは? 

AIは、人口知能と訳されるように、人間のような「知能」です。 

データを与えることで自ら学習し、判断をすることができるようになります。 

そして、その判断基準をより精度が高いものに変えていくのがAIです。 

 

具体的には以下のような活用シーンがあります。 

①画像認識 例) 手書きの文字の読み取り  

②音声認識 例)AIスピーカー  

③自然言語処理 例)自動翻訳  

④予測 例)需要予測 

⑤組み合わせ最適化 例)最短ルートを見つけ出す

 

まるで人間のように判断や予測を行うことができることがわかります。 

 

AIとRPAの違い 

 

ここまでの説明でAIとRPAの違いが掴めましたでしょうか。 

まとめるとAIは学習をし、自分で判断するのに対し、RPAは事前にルールを決めてその通りに(受動的に)動きます。 

 

AIとRPAではそれぞれ目的が異なりますので、適材適所使い分ける必要があります。 

もちろん、AIやRPAを組み合わせて使うこともあるでしょう。 

AIが手書きの文字を認識し、そのデータをRPAがファイルに入力するなどといったことです。 

ここまでで、RPAとAIの違いを説明しました。

 

最後に、人材会社での活用例を紹介します。今回紹介するのは現在人材会社で急速に広まりつつあるRPAの活用です。 

 

人材紹介会社でのRPA活用例 

人材紹介会社でRPAが活用できる業務のうち、代表的なものは以下があります。 

・スカウト業務 

・KPI集計

・求人媒体への求人情報自動掲載 

・求人情報収集&リスト作成自動化 

・ATS上の求人情報自動取り込み 

 

いずれの業務も人材会社にとって重要な業務である一方で、定型的な作業を多く含んでいると感じることもあるのではないでしょうか。 

もちろん、上記以外で自動化できる業務もあります。 

 

あくまで「ルールに基づいて」動くRPAで、本当に上記の業務を自動化できるのか疑問に思う方もいるでしょう。 

RPA活用に関する人材会社様の不安を取り除くために、弊社ではRPAセミナーを行っています。 

・RPA活用までの流れ 

・注意点 

・活用事例 

などを紹介しています。 

 

オンラインで参加できますので、気軽にお申込みください。↓↓ 

5分でわかる【人材業界】
RPA活用ノウハウ資料