RPA|コラム

人材業界の定型業務はRPAでこんなに変わる(求人データベースサービスとの情報連携)

人材会社で「人材紹介会社向けの求人データベースサービス」を利用されている場合、データベース上の「求人情報」を自社の基幹システムに取り込んで管理する必要があります。

2つのシステムの間を行き来しながら、求人情報を登録・管理していくことになりますが、どうしても作業が煩雑になりがちです。

【例1】求人情報とステイタスをタイムリーにチェックする
まず、現在どのような求人があるのかを知るためには、求人データベースサービスを定期的チェックする必要があります。
さらに、その求人がどのようなステイタスにあるのかをタイムリーに把握する事も必要です。
もし求人がクローズしていても、知らずにそのまま登録者フォローを続けてしまうといったリスクがあるからです。

【例2】求人データベースサービスから基幹システムへ求人情報を取り込む
求人データベース上の情報は、自社基幹システムと「フォーマット」や「項目」が異なるため、これらをすり合わせて、適切な項目にコピー&ペーストで登録していくのは、時間や工数がかかる上、どうしてもミスが発生しやすくなります。



これらの課題はRPAで解決することができます。

【例1の場合】求人情報とそのステイタスを自動で管理
求人データベースサービスにロボットが定期的にログインし、求人情報とそのステイタスをチェックします。
クローズ求人がある場合は、基幹システムの同一求人をクローズし、必要に応じて社内関係者に告知メールを自動配信することも可能です。
「求人がクローズされていたことに気づかず、登録者の応募承諾を取りに行く」などどいった営業活動のロスを防止できます。

【例2の場合】基幹システムへ求人情報を自動登録
弊社では、項目のマッピング表を作成し、求人データベースサービス上の項目が基幹システムではどの項目なのかを紐づけることで、基幹システムへの自動登録を可能にします。
手作業で発生する時間を削減でき、コピー&ペーストのミスも防止できます。

弊社の人材業界特化クラウド型RPAソリューション「SF-ロボット社員サービス」は『人材業界(人材紹介・人材派遣)』に特化してご提供しています。

人材業界で定型業務の自動化をご検討なら、ぜひノウハウと経験が豊富な弊社にご相談ください。

●まとめ:「求人データベースサービス求人情報の基幹システム登録」RPAでこんなに変わる

RPA導入前

●フォーマットや項目が異なるデータを目視で確認し、コピー&ペーストで1件1件登録する。時間がかかりミスも起こりやすい
●求人のクローズ情報をタイムリーに把握するのが困難
ロボット社員なら!
●求人データベースサービス上に異なる「フォーマット」や「項目」があっても、自動で基幹システムに登録可能
●自動で求人データベースサービス上の求人クローズ情報をチェックし、基幹システムに登録可能
効果あり!
●作業時間を短縮でき、登録ミスがなくなる
●求人のクローズ情報が常に把握でき、営業活動のロスがなくなる




5分でわかる【人材業界】
RPA活用ノウハウ資料