Interview

社員インタビュー:~22卒早稲田大学教育学部理学科出身~「裁量を与えてもらえて、早いうちから成長できる環境に身を置きたい」私がスタンダードファクトリーを選んだ理由

こんにちは。人事の齋藤です。22卒社員インタビューの投稿です!今回は杉山 拓夢さんです。「スタンダードファクトリーを選んだ決め手とは?」そして「今後チャレンジしたいこと」について、聞いてみました。

_______________________________________

① どのような就職活動をしていましたか?

裁量を与えてもらえて、早いうちから成長できる環境に身を置きたいという軸で就職活動をしていました。また、サービスを通じてお客様の業務効率などを改善し、お客様の喜んでいる姿を見られるITの仕事に魅力を感じていました。 スタンダードファクトリーは、人材業界に特化することで顧客の業務課題を理解したサービスが提供できる点や、会社が成長段階にあり若いうちから意見が求められるという点を魅力に感じ、選考を進めていました。

② 当時のスタンダードファクトリー社の選考はどのようなものでしたか?

初めから、代表の渡辺さんやリーダークラスの方たちとの面接でした。Web面接だけでなく、実際のオフィスでの面接もあり、会社の雰囲気を感じることが出来ました。面接では、これまでの生活の中で、自分一人で判断、行動してきた事について、そして一人でやり切る力を確認されているように感じました。また、選考がスピーディに進んでいくこともとても印象的でした。

③ 最終的にスタンダードファクトリー社に決めた理由は?

最終的には数社内定を頂いておりましたが、スタンダードファクトリー以外の会社は、社会貢献性や安定した業界であることは魅力ではありましたが、若いうちに大きな仕事は任せてもらえるかどうか、この点で比較検討した結果、様々な経験が出来そうな点、裁量を与えて貰えそうな点、成長環境と成長スピードという観点からスタンダードファクトリ―に決めました。また選考を通して、常に顧客目線で物事を考えるという価値観に共感した点も決め手の一つでした。

④ 現在、行っていることを教えてください。

現在はインターンとしてRPAの製造に取り組んでいます。社内で用いるRPAであり、お客様とのやりとりはまだありません。しかし、将来お客様とやりとりすることを意識して、案件ヒアリングや要件定義も含めて業務を行なっています。目標としては、早く慣れて要件定義から製造までを1人で完了出来る様になりたいです。

⑤ 今の業務のやりがいは?

案件開始日に設定した完成目標日までに、RPAの製造が完了した時にやりがいを感じます。最初は教えて頂いたことに、ひたすら取り組むだけでしたが、徐々に納品までの時間の見積りが自分でできるようになるなど、成長も感じています。そして選考時に思っていたように、成長スピードや仕事を任せてもらえる環境であることを実感しています。1か月間で仕事を教わり、全てではありませんが一部は一人で任せてもらっているものもあり、先輩社員の皆さんの丁寧なサポートもあり、この短期間でも成長を実感することができました。

⑥ これからスタンダードファクトリー社でチャレンジしたいことは?

まずは現在のRPA製造の仕事に慣れて、1人で推進できるようになりたいです。その上で、お客様のニーズを理解した提案をしたり、最適なRPA稼働を実現できる技術を身につけたいと思っています。また、これから会社を大きくしていくというフェーズということもあり、セールスの仕事にも興味があります。会社を大きくしていけるような働きをしたいと思います。

⑦ 学生さんに一言

就職活動は先が見えずに不安になることも多いですが、自身の目標や軸を明確にすれば、どこかにマッチする企業が見つかると思います。今までの学生生活を振り返ったり、自分の好きなことと向き合うと、自身の目標や軸となるヒントがあったりします。私と同じような目標を持つ方は是非、スタンダードファクトリーで成長していきましょう!

_________________________________________

以上になります。

今回は、杉山 拓夢さんより入社前から入社を決めた理由、そして今後の思いについて、話を聞いてみました。少しでも弊社に興味のある方は、是非ご応募いただければと思います。よろしくお願いいたします。