Interview

社員インタビュー:~20卒早稲田大学文化構想学部出身~文系プログラミング未経験の私がスタンダードファクトリーを選んだ理由

こんにちは。人事の齋藤です。社員インタビューの投稿です!今回はRPAコンサルタントの安田 南美さんです。「スタンダードファクトリーを選んだ決め手とは?」そして「今抱えている課題や今後の思い、チャレンジしたいこと」について、聞いてみました。

_______________________________________

① どのような就職活動をしていましたか?

まず私は学生時代に、個別指導塾のアルバイトをしていたのですが、このアルバイト経験の中で、生徒への指導に加えて教室の年間目標に向けた施策推進に取り組んでいました。この取り組みの中で「業務の役割分担と時間短縮(生産性)」を意識する機会に恵まれ、目標達成に向けた新しい取り組みに時間を割けるようになりました。
この経験から業務効率化や生産性の重要性を感じ、この領域に興味を抱くようになりました。そこでシステム化を通して、お客様の業務効率・生産性を高めることができることを知り、IT業界に興味を持ち就職活動をしていました。

② 当時のスタンダードファクトリー社の選考はどのようなものでしたか?

代表の渡辺との1次面接の後、現場のメンバーとお話する機会を2度頂きました。
どのプロセスにおいても、評価を下されているというよりは、こちらの話に興味を持って聞いて下さっている印象が強く、この会社なら自らの良い面、悪い面ともにしっかり見てもらいながら、自分の目標に向かって挑戦、そして成長できるのではないかと感じました。

③ 最終的にスタンダードファクトリー社に決めた理由は?

IT業界他社や、学部の専攻に関連するライターや編集職の選考に残っていたのですが、弊社の企業規模やビジネスとして成長段階にあり、自分やチームの頑張りや工夫が会社にとって大きな成果となり、自分の成長が会社の成長に繋がるなど、この点が他社では経験のできないやりがいに感じ、スタンダードファクトリーに入社することを決めました。

④ 入社から今日に至るまでを振り返ってみて、いかがですか?

文系でプログラミング未経験であることもあり、入社前は準備してくださった課題を進めつつも自分が開発業務を身につけられるかどうかが不安でした。しかし、入社後、簡単なRPAをいくつか組んだり、既存のRPAを読み込んで何をやっているか理解したりすることを繰り返し、そして何よりも社員の皆さんが丁寧に説明、フォローしてくださったことが気持ちの面でも支えとなり、未経験からはありましたが、思っていた以上にスムーズにRPAツールを使えるようになっていきました。
そして、2ヶ月ほど経った段階でコンサルタント業務も担当することも決まり、早々にチャレンジさせていただける機会をいただけて嬉しかったです。初めての打ち合わせはとても緊張しましたが、ロープレを入念に行ったことと、先輩が同席しサポートしてくださったことで落ち着いて進めることができました。各企業の代表や営業部門などのお客様と直接お話することで、人材業界への理解や社会人としての振る舞いを身に着けられている実感があります。

⑤ 現在、行っていることを教えてください。

RPAコンサルタント・エンジニアとして導入前・後のコンサルティングから製造まで行っています。ただ依頼されたままに進めるのではなく、ビジネス的な成功のために何ができるかお客様と共に模索していくことを意識しています。
また、それに加えて新卒の受け入れ準備と内定者インターンの教育を担当しています。自分たちが入社後のトレーニングで感じた課題を改善できるよう、21卒の受け入れに向けて準備を進めています。
入社1年目で、会社の成長に大きく関わってくる部分を自分たちの経験を踏まえて変えていけることは、今後大きな糧になると思っています。今、自分が業務に慣れてきていることで感じなくなってしまっている課題も多いため、インターンメンバーの意見を柔軟にどんどん取り入れていきたいです。

⑥ 今の業務のやりがいは?

コンサルタントとして自分が提案したものを実際にお客様に使っていただいて、成果が出たと報告してくださった時にやりがいを感じます。社内の業務でも、自分達が入社した時に感じていた課題が改善されたり、インターンメンバーが成長していくのを見るとやりがいと、これからへの期待を持つことができます。

⑦ 今の個人の課題やチャレンジしたいことは?

私は人を頼ることがあまり上手ではなく苦手です。会社にとってより良い結果を出すことを意識して、周りを巻き込んで仕組み化に取り組んでいきたいです。また、ヒアリング能力を向上させ、対お客様への的確な提案を目指すのはもちろんのこと、メンバー一人一人の状況や課題感を捉え、本人の成長につながるアシストができるリーダーを目指したいです。

⑧ スタンダードファクトリー社として、成し遂げたいことは?

お客様との繋がりの量・質を共に向上させてノウハウをより蓄積し、より信頼感を持っていただける会社として実績を伸ばしていきたいです。現状各コンサルタントの能力に依存している部分も多いと思うため、まずは事例をメンバー間で共有、相談できるよう心がけ、チームとして、組織としての成長をより意識していきたいと思っています。

⑨ 学生さんに一言

弊社では、経験量に関係なく、お客様との関わりにおいても、社内の仕組み化においても、自ら考え、アクションを繰り返すことができます。お客様に満足していただくため、会社を大きくするために一緒に挑戦してくれる方をお待ちしています!

_________________________________________

以上になります。

今回は、安田 南美さんより入社前から入社を決めた理由、そして現在の役割や今後の思いについて、話を聞いてみました。少しでも弊社に興味のある方は、是非ご応募いただければと思います。よろしくお願いいたします。





人気記事