Interview

社員インタビュー:~20卒名古屋大学理学部出身~IT×ベンチャー企業に絞って就活した私がスタンダードファクトリーを選んだ理由

こんにちは。人事の齋藤です。社員インタビューの投稿です!今回はRPAコンサルタントの神谷 誠巳さんです。「スタンダードファクトリーを選んだ決め手とは?」そして「今抱えている課題や今後の思い、チャレンジしたいこと」について、聞いてみました。

_______________________________________

① どのような就職活動をしていましたか?

IT系のベンチャー企業を中心に就職活動を行っておりました。
学生時代は生物系の学科に所属して毎日研究室で実験をしておりました。研究は常に実験のトライ・アンド・エラーの繰り返しで進んでいきます。これができるようになったから次はこれ。これが分かったからこれ。と、目的に向かって進んでいくことに喜びを感じておりました。
その上で、成長段階にあるベンチャー企業では、個人がこのメソッドの元、早いサイクルで目的に向かってステップアップできると考えており、その体験を軸に就職活動を行っておりました。

② 当時のスタンダードファクトリー社の選考はどのようなものでしたか?

2度の面接を経て内定を頂きました。一次選考は代表の渡辺と1対1でした。
最初に会社についての説明や今後の展望を話して頂き、その後自分についてお話した記憶があります。二次選考では、社員の方2名と面接がありました。
こちらは基本的に私の話がメインで、大学での活動や志望動機などについてたくさんお話した記憶があります。私が映画研究会にいた話をしたら、結構映画の話になって、かなりフランクな雰囲気だったのを覚えています。とにかく自然体を引き出そうとしてくれる印象がありました。

③ 最終的にスタンダードファクトリー社に決めた理由は?

面接していた時の会社の雰囲気が大きかったです。
1社地元のITベンチャーに内定を頂いていたのですが、面接が全て応接室だったため、実際どんな会社なんだろうという不安から保留にさせて頂いておりました。
スタンダードファクトリーは全社員とほぼ同じ空間で面接が行われていったので、実際に働くイメージがとてもしやすかったです。何かあれば周りの人と直ぐコミュニケーションを取っていたところなど、社内のオープンな感じがとても良い印象でした。こういったコミュニケーションのとれる環境・雰囲気から、未経験の領域であっても学びながら挑戦ができ、目的に向かって成長できそうな環境と感じ、スタンダードファクトリーに決めました。

④ 入社から今日に至るまでを振り返ってみて、いかがですか?

入社後は、RPAのエンジニアでRPAについての技術力を付けた上で、RPAコンサルタントの業務へと進んでいきました。会社がまだまだ成長フェーズということもあり、出来ることが増えれば仕事も増えていく環境です。常に自分の現状の課題を意識していけば、一つ一つステップアップしていけるのがとても楽しいです。
最初は出来ないことが多いです。でも会社も「出来なくて当然」という前提でたくさん挑戦させてもらっているなと思います。

⑤ 現在、行っていることを教えてください。

RPAの共通フレームワーク製造を行っております。共通フレームワークとは、これまで納品してきたRPAの共通する部分を汎用的に作成したもので、案件ごとにエンジニアの製造が必要だったのを、共通分までは全員が利用できるものになります。これによってエンジニアの生産性が上がると共に、共通のものを使うことで品質の担保にも繋がっています。
この共通フレームワークの製造では、色々なことを想定して汎用性を持たせることがとても大切です。汎用性を待たせるために、これまで担当した案件の経験やお客様からのフィードバックを活かすことを意識しております。私が作った共通フレームワークを使って周りのエンジニアが素早く納品していると、とてもやりがいを感じます。

⑥ 今の業務のやりがいは?

コンサルタントとしては、やっぱり担当しているお客さんの業績に良いインパクトを出せた時がとても嬉しいです。コンサルをやっている中で感じているのは、上手くいく時ほどお客さんと密なコミュニケーションがとれています。またお客さんと密になるほど、結果が出た時の喜びも大きいので、導入後はちゃんとインパクトを出せてるか気にしながら連絡を取るようにしています。

⑦ 今の個人の課題やチャレンジしたいことは?

適切に人の力を借りるということだとが、今の自分の課題だと思います。今行っている共通フレームワーク製造でも、どうしても一人では考慮しきれない事象が出てきます。そういったことを防ぐためにも、各ポイントで第三者の目を借りることで、他の人が見ても使えるものになっているか確認することが大切です。
この課題をクリアしてながら、よりお客さんが使いやすいサービスへとアップデートしていきたいです。

⑧ スタンダードファクトリー社として、成し遂げたいことは?

人材業界のマーケットシェアを取りたいです。
その時にどれだけ今のサービスをアップデート出来ていて、さらにそれを使って次は何を始めていくのか、考えるとワクワクします!
そこに向かうために、個人としては増えていくお客さんの満足度を高く保ちながらサービスに足りない部分を埋めていけるようになりたいと考えています。

⑨ 学生さんに一言

弊社は「本質的な課題解決」を大切にしています。
この考え方がお客さんの期待を越えるサービスに繋がりますし、サービスや業務のアップデートに必要だと思います。目的意識を持って行動できる人であれば、活躍できる環境があります。
挑戦が好きな方、一緒に会社を大きくする志しを持って働きましょう。

_________________________________________

以上になります。

今回は、神谷 誠巳さんより入社前から入社を決めた理由、そして現在の役割や今後の思いについて、話を聞いてみました。少しでも弊社に興味のある方は、是非ご応募いただければと思います。よろしくお願いいたします。