Interview

社員インタビュー:~21卒早稲田大学文化構想学部出身~「誰かの課題を解決したい」顧客志向を第一に考えた私がスタンダードファクトリーを選んだ理由

こんにちは。人事の齋藤です。21卒社員インタビューの投稿です!今回は上田 文香さんです。「スタンダードファクトリーを選んだ決め手とは?」そして「今後チャレンジしたいこと」について、聞いてみました。

_______________________________________

① どのような就職活動をしていましたか?

今後需要が高まるスキルが身につけられることと、既存のものを売るよりも新しいものを生み出せる仕事がしたい、そして相手、顧客の立場になって顧客の課題を解決したり、顧客を満足させることのできる仕事がしたいと思いながら就職活動をしていました。web系やシステム系問わずIT企業を志望していました。

② 当時のスタンダードファクトリー社の選考はどのようなものでしたか?

スカウト型のサービスで連絡をいただき、説明会兼一次面接の後、個人面接があり、内定という流れでした。選考自体はとてもスピーディーに進みました。説明会で初めてRPAという名前を聞いたのが印象に残っています。

③ 最終的にスタンダードファクトリー社に決めた理由は?

私は学生生活でずっと音楽をやっていて、聞いてくれる人たちが楽しめるためにはどうしたらいいか考えながらステージを作り、実際に感動を届けられることが何よりの喜びでした。こういった経験も顧客の課題を解決し満足いただけるような仕事をしたいと思うきっかけにもなっており、大事にしている考え方、価値観でした。そういった中で、スタンダードファクトリーはすごいシステムを作るのではなく、お客様にとって本質的に役に立つものを作ることを大切にしていることがわかり、私の価値観とフィットしていると思いました。

④ 現在、行っていることを教えてください。

現在は社内で使うRPAツールを作りながら、製造の流れや事業内容への理解を深めています。年明けからは実際のお客様に向けたセールスの業務もスタートしました。

⑤ 今の業務のやりがいは?

社内の業務を自動化するRPAツールを作る中で、実際に自分が作ったように画面が動くと感動します。今は社内のメンバーがお客様にあたるため、社員から「業務が楽になった」と感謝されることがやりがいです。また、入社前からセールスの業務も始まるように、早いうちから仕事を任せてもらえることもモチベーションにつながっています。

⑥ これからスタンダードファクトリー社でチャレンジしたいことは?

今は目の前の仕事を覚えることが第一ですが、今後はお客様のニーズを掴み、最適な提案ができるようになりたいです。RPAを通してより多くのお客様の役に立てるよう、会社と一緒に成長していきたいと思っています!

⑦ 学生さんに一言

週に5日ほど、1日の大半を過ごす場所になるので、自分がその会社で働いている姿がイメージできることが大切だと思います。就職活動は大変なことも多いかと思いますが、ぜひ自分を曲げることなく、ベストな選択をしてください。 たくさんの企業の中で、スタンダードファクトリーにも興味を持っていただけると嬉しいです!

_________________________________________

以上になります。

今回は、上田 文香さんより入社前から入社を決めた理由、そして今後の思いについて、話を聞いてみました。少しでも弊社に興味のある方は、是非ご応募いただければと思います。よろしくお願いいたします。